読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

派遣コールセンターの日常

派遣会社に登録し、現在のコールセンターに勤務を始めてちょうど1年が経ちました。


それ程たくさんの職場を経験したわけではありませんが、行く先々で色々な方とお会いします。人生の師と呼んで一生ついて行きたいような方もいらっしゃれば、できれば二度と関わりたくないような方もいらっしゃいます。

過去には、後者のような方に関わってニッチもサッチも行かなくなり、泣く泣く退職したこともあります。


今の職場で無事1年間過ごすことができたのは、大変ありがたいこと。周りの環境に恵まれていたということになります。


このブログでは、今のコールセンターに派遣され日々働く中で感じたことを、書いて行きたいと思います。


それでは初日の今日は、

派遣コールセンターではあり得ないと思ったSVのことです。


SVとは、スーパーバイザーのこと、つまり、我々一般のオペレーターより1段階偉い立場にいる方々です。

一般の会社で言うところの直接の上司、役職で言うと、主任や課長と言ったところでしょうか。平社員である我々オペレーターの質問に答え、判断をする立場の方々のことを言います。


コールセンターのオペレーター募集の時給を比較すると、一般のオペレーターと、SVでは時給に200円以上の差があります。

時給が高い分、負うべき責任が重いと言うことです。


さて我がコールセンターのSVさんも沢山いらっしゃいますが、一番驚きのSVさんの口癖は、「自分で判断して‼︎」です。


研修で教えられなかったお客様からの質問やご要望に対し、派遣されたこの会社では、どのようにお返事をし、どのようにご対応するのが正しいのか?

決定権のない我々オペレーターは、一個人としての判断をしてはなりません。


ところが何を聞いても、

「自分で判断して‼︎」


本当に判断して良いのか?

お客様の立場に立って、良かろうと思われる対応をして良いのか?

派遣されてきたこの会社の不利益になることはないのか?


自分で勝手な判断をしてはいけないのが派遣オペレーターなのではないのか?


「自分で判断して‼︎」 に困り果てる日々なのです。


ではまた。