読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

気になる夫婦関係2

私「お電話ありがとうございます。担当オウでございます」
女性のお客様「あっやっと電話つながったわ。ちょっと待っててね。おとーさーーーーんちょっと電話でてーーー」
男性のお客様「もしもし、これ何?なんの電話?なんの用事なのさ?」

(えっ、えーっと…用事があってお電話下さっているのは、お客様のほうであって、私は特に用事は無いのですが…)

電話を掛けてくださるのですから、何かしらこちらのコールセンターにご用があったのでしょうに、
突然夫に受話器を渡す奥様がいらっしゃいます。

なんの電話?何の用事なのさ? のご質問にお答えするところから始まります。

「お客様がお電話下さったコールセンターは、××××に関するご案内のコールセンターでございます。」

我々から電話をしたのではなく、お客様の方が、電話を架けてきたのだ!ご用事があるのですよね?と、気づいていただくことを目的としたいます。
どこに架けているのか分かっていただけるよう、何のコールセンターか一言で伝えます。

「あっ、それね、その件だったのね、あのね、うちの場合ね…」
と、お話が始まるお客様は、この件について、事前に奥様とお話をされて、ご家庭の方針が決まっていらっしゃるのでしょう。そして、この件についての責任者はご自身であるという自覚を持ち、ご主人様で話を進めるおつもりなのでしょう。奥様も、そんな男らしいダンナ様に好感が持てるでしょう。


全く身に覚えのない、という反応をされるお客様には、更に詳しく説明をします。
「××××や××××をご利用のお客様に、××××や××××に関してのご案内を差し上げておりますが、お電話下さったお客様は、本日はどのようなご用件でございましょうか?」

このあたりでもう気づいていただきたい。ご用件があってお電話を架けてきてくださったのは、おきゃのほうなんですよ。

「なんだよ、押し売りかよ」(切電)

お電話を切られたときは、ショックです。

家庭内での話し合いの機会を増やされたらどうでしょうか、と提案したいくらいです。

しかし、自分の身に置き換えてみると、パートナーといつも話し合いができて、いつもすべて理解しあっている関係には至っておりません。
まだまだこれからふたりの関係をつみあげていき、阿吽の呼吸の関係に至るよう日々努力したいと思っているところです。

夫婦関係というのは、こんな電話ひとつのことで語れない、様々な関係があるのでしょうから、私のような若輩者があれこれ気にしても仕方ありません。

とはいえ、日々頂戴するお電話の中に垣間見える夫婦関係から、人生について学ばせていただいております。

ではまた。

気になる夫婦関係

コールセンターにお電話をいただくお客様の中で、最近個人的に気になって仕方がないお客様方がいらっしゃいます。
お話している最中に突然相方の奥様、またはご主人様に電話口を代わる方々です。


男性「あっそーなの?えっ?えっ?あっちょっと待って僕の奥さんが何か言ってるから」
女性「もしもし、もう一度説明してくれる?お父さんじゃ何にもわかってないから。」
と説明の途中で奥様にかわるパターンと、

2
私「お電話ありがとうございます。担当オウでございます」
女性「あっつながったわ。ちょっと待って。おとーさーーーーんちょっと電話でてーーー」
男性「もしもし、これ何?なんの電話?」
と、何故か電話が繋がった瞬間に、事情を知らない夫に受話器を渡すパターンです。

このような夫婦のやりとりが、どちらもとても気になります。

1について思うこと。
夫がコールセンターに電話をして説明を受けているすぐ近くにいて、妻も結果を知りたくて待っている、という状況でしょうか。
夫婦2人一緒にその場にいる、ということですね。
夫が話を聞いて、妻に伝える、というわけにはいかないのでしょうか。私が同じ話を2回、電話のあちら側の同じ空間に居る人に、それぞれしているのですが、不自然ではないでしょうか。同じ空間にいる方同士で、後ほどお互いにコミュニケーションを取り合ったほうがよいのではないでしょうか。妻は、今電話の向こう側の人から説明を受けている相方のことを、信用して待っていられないのでしょうか。

以前の職場で、大口の材料発注の際に、製造元を訪ねることがありましたが、ひとりを窓口にすればよいのに、部署の全員が製造元に行き、全員で会議に出席し、他の要件が何も進まなくなることがありました。
そう言えばその時も、似たようなことを思いました。

大人なんだから、ひとりでいいでしょ。勿論自分が行ってもいいけど、誰かに任せてもいい。同じ仕事を何人も一緒にやらなくても窓口はひとりにして情報共有だけすればいい。

忙しくなってくると更に、

他にやること一杯あるんだから、誰かひとりで行ってきてよ。子供じゃないんだから、いちいち全員ひきつれて動かなくていいでしょ。もう。

ああ、若かりし頃の私は、そんなことでもイライラしていました。
最近はそんなことでは全く何も思わなかったのに、ここにきて急に気になりだしたのは、いったいどうしたことなんでしょうか。
まるで妻に信用されずに雑に扱われている夫の姿が目に浮かび、いたたまれなくなってきてしまったのでしょうか。
折角お電話下さっているお客様に大変失礼な疑問を持ってしまいました。心根を改めなければなりません。

ではまた。

無責任な方

今日は少し腹が立っています。

現在のコールセンターで、3月いっぱいのシフト勤務が決まっている方が、突然欠勤されて早1週間。インフルエンザにでもかかったのではないかと心配していましたが、欠勤の理由が本日明らかになりました。

4月から、直接雇用の別のコールセンターの仕事が決まり、現在そちらの職場で研修中とのこと。もう何人か知人を誘えないか聞かれたらしく、我々職場仲間のグループラインに、誰か一緒に職場を移らないか、とお誘いが入りました。

今希望すれば、来週月曜からの研修に入れるとのことで、最大5名まで募集中、と書いてありました。

もし、その誘いに乗って来週から研修に行く方が5名もいたら、現在のコールセンターに5名分の穴が開くということです。

そもそも社会人なら、今月はこちらの仕事に入る約束だったのですから、3月中は、こちらのコールセンターの決められたシフトにきちんと出るべきではないでしょうか。

次が決まったから、もうこちらは用無し、決まっていたシフトのことも、すっかり忘れたフリで、他の人の引き抜きに走る。

おかしいでしょ。
あまりに無責任でしょ。

キチンと責任を果たそうと残っている人に 負荷がかかってしまうこと、お分かりでしょうか?

そんな勝手が許されてよいのでしょうか?
あぁ腹立たしい。

ではまた。

送別会の企画

前回あるSVさんが辞められることを書きましたが、その件の続きです。

私個人的には、その方の最後の出勤日に御礼も兼ねてちょっとした送別品をお渡ししようかな、と考えておりました。社会人と大学生のお子様がいらっしゃる奥様ですから量より質でしょう。有名店の美味しい焼菓子でもどうかな。女性だからちょっとした花束でもいいのかな。持ち帰るのにあまり邪魔にならない程度の大きさで、かつ残らないもの、そして、お返しをしなくてはと負担に思われない程度の金額の品、というのがベストの選考基準ではないか、と考えておりました。1000円〜2000円程度でしょうか。

さてこのSVさん=Mさんと言いますが、Mさんには仲良しのSV=Tさんがおります。TさんもMさんと同年代の女性です。TさんはMさんのご子息の試合の応援に一緒に出かけたこともあると仰ってましたので、かなり仲良しな関係だと思われます。

Tさんに声をかけられました。
「オウさんMさんが辞める話聞いたよね?送別会をやろうと思うんだけど、オウさんも参加できる?日にちはこれから決めるから。」
私「空いてる日なら行きますので、決まったら教えて下さい。」
T「みんなで記念品をあげたいんだけどいいかなー?オウさんも参加してくれる?」
私「皆さんがよろしければ、私もぜひお願いします。」

あたりさわりのない良い返事をしておきました。
これで、個人的に品物を渡す必要はなくなりました。というか、個人的にお礼の品を渡してはならないということです。皆さん合同で、ということですから。

送別会つまり飲み会ということですから、まずこれで3000円程度はかかるでしょう。いや綺麗な奥様方が選ばれるようなお店だと5000円?7000円?うーん一万円ってことはないでしょうが…。夜のお店でお酒も飲めて、奥様方の喜ぶ美味しい食事。いわゆる大型チェーン店のような飲み屋でなければ、いったいおいくらくらいするのでしょうか。私にはよく分かりません。とりあえずある程度の覚悟はしておきましょう。

さて、記念品を差し上げるということですが、私のような下々の者が意見をすることはありません。どなたか趣味の良い方が選んでご用意してくださったら、割り勘で一人当たりおいくらかを聞いて、その方にお渡しすればよいのでしょう。

記念品、という単語に少しひっかかりました。
というのは、記念といえば、ずっと残るからです。私のように日々ご挨拶程度しかしていない多数の関係者からもらうようなものは、食べ物などすぐに無くなって忘れ去るようなものご良いのではないか、と勝手に考えていたからです。

女性はすべからく忘れ去るもの。子供の頃に好きだった同級生のこと、中学の時に告白した部活の顧問のこと、高校の時に付き合った彼氏のこと、大学生の時にバイト先で知り合って付き合った社員さんに奥様がいらっしゃったこと、などなど、どんなにドロドロと修羅場を経験してきても、後から思い返すと名前すら思い出せず、なんの感情も残っていない、
と同期の経験豊富な女性から聞いたことがあります。

あっ、とすれば、別に記念になるような品が残っていてもなんら感傷的になるということもないからいいのか。

話が逸れました。
とにかく記念になるような御品を送るようです。

派遣法の関係もあり、同じ職場には3年しかいられません。今のコールセンターでは正規雇用して下さる見込みはありません。ということは、これから次々と辞めていく方が出る訳で、いちいち送別会と記念品という話になったら、ちょっと面倒だなぁ、という気持ちがほんの少し浮かびました。

皆さんはどのように考えていらっしゃるのでしょうか。機会があれば伺ってみたいものです。

ではまた。

子供の応援で辞めるSVさん

いつも大変お世話になっている女性のSVさん。
本日休憩室で一緒になったら、「オウさん私今月いっぱいで辞めることにしたのでお伝えしとくわね。」とお知らせしてきてくださいました。

SVさんでご活躍中なのに何故でしょうか。
理由を聞いたら、ご子息の応援とのことでした。

有名私立大学のアメフト部に所属されていらっしゃるとかで、今年がご子息様にとっての最終シーズンとなるらしく、全力でサポートしたい、という理由と、あとは、応援や観戦でママ友たちと秋まで全力で楽しみたい、とのことでした。

なるほど今時のお母様方というのは、大学生の子供のサポートがメイン業務という訳なのですね。まさに、こどもファースト。

ここで私の個人的な感覚だけでお話させていただきますと、

子供の頃から自分は一人前だと思ってやってきました。もちろん小学生なりの一人前、中学生なりの一人前、ということになりますから、周りの大人からみたら当然子供じみた考えなのでしょうが、子供には子供の社会があり、人間関係があり、上下関係、強弱関係なども当然ありまして…その中で自分の立ち位置を確立し、自分なりにあれこれと社会と積極的に関わってやってきたつもりでおります。

様々な失敗を教訓とし、様々な他人のことを、学校社会や地域社会、ニュースや読書で学び、
だんだんと、いわゆる大人の対応なできるようになり、そこそこの社会人に成長してきたつもりでおります。

そういった小さな社会で精一杯社会人をやっていた子供の頃、その社会に自分の親が関わってきたことなんてあったでしょうか。
お小遣いをいただいたり、帰宅時間を知らせたり、家族としての最低限の礼儀をつくすことはありましたが、一歩家の外に出れば、それは私自身の社会、親とは切り離された社会、親に配慮することのない、自分の社会がありました。

ところが今はどうでしょう。大学生の部活動の応援に母親が来る!プレーする本人にとっては、家族の応援を受けて仲間とプレーする、というスタンスはどうでしょうか。

当然、家族からのサポート、応援に感謝の気持ちを持つでしょう。家族のお陰で、自分が大学に行けていること、部活動ができていることを、常に自覚することができるでしょう。

家庭でも、自分の活躍について親が関心を持ち、褒めてくれる、何歳になっても心地よいものでしょう。

そうすると、家族への配慮をすっかり忘れ、今自分は1人で学び成長してきたというような私のような勘違いはせずに済むのでしょう。

そう、子供というものは、親にお世話になって大きくなってきたものなのです。長い間、親への感謝など忘れておりましたが、今回子供の応援のために辞めるSVさんのことを考えていたら、本当に親のサポートがありがたいものに思われ、感謝の気持ちが湧き上がってきました。

いつか、なるべく早い時期に、この気持ちを直接伝えたいと思います。

ではまた。

扶養内勤務

いつも夕方まで勤務していますが、今日は久しぶりの時短勤務で9時から13時まで4時間シフトでした。
勤務が終わり、ビルを出る辺りで、いつも13時までの短時間シフトで勤務しているみなさまにお声をかけていただき、そのままランチをすることになりました。

短時間シフトで勤務しているみなさまは、「扶養内勤務」の奥様方です。

なぜ扶養内勤務なのか。
理由の一つは、夫の収入が充分で、扶養内程度の収入で充分家計が賄えるから。
そんなことないわよー足らないわよーといつも仰いますが、本当に足りてなければもっと収入を増やすはずなので、概ね足りているということです。

もう一つの大きな理由は、ご家庭のことをキチンとされたいから。
子供が帰宅したときに、お帰りなさいと迎えたい。
子供を夕方まで一人きりにしたくない。
夕方の習い事に同行したい。
塾に行く前に早めの夕飯を食べさせたい。
塾の送迎をしてあげたい。
などなど、お子様のサポートをきっちりされたいから、という理由です。

お子様には、小学生、中学生、中には高校大学の方々もいらっしゃいます。
今日ランチをご一緒させていただいた奥様方のお宅の家族構成を簡単にご説明します。

Aさん
夫妻+長女(私立大学1年)+次女(私立高校1年)
Bさん
夫妻+双子の兄妹(私立大学2年)
Cさん
夫妻+長女(社会人)+次女(私立高校2年)
Dさん
夫妻+長男(私立高校3年)+長女(公立中高一貫校中学3年)
Eさん
夫(単身赴任)+妻+長女(私立高校1年)
Fさん
夫妻+長男(私立中高一貫校中学2年)+次男(小学5年)
Gさん
夫妻+長女(社会人)+次女(私立大学2年)+長男(私立高校2年)

本日聞いて把握できたのは上記の通りです。
驚いたのは私立の割合が非常に高いということ。
それから、社会人や大学生の子供が全員親と同居しているということ。

コールセンターで扶養内で勤務される奥様方のご家庭は、子供を私立に行かせる程度の余裕があり、自宅に帰ってくる大きな子供たちの面倒も、奥様方が見ている、ということですね。

社会人なのに、親がサポートしているというのは、自立していないようにも見えますが、子供からすれば、費用面でも、時間のやりくりなどでも、きっと随分助かるのではないかなぁ、と自分の貧乏な学生一人暮らしを思い出して、羨ましく思いました。

ではまた。

繁忙期。煽られます。

とうとう繁忙期になりました。
期間限定の商品を取扱っている関係で、この期間お電話が殺到します。
コールセンターの電話は鳴りっぱなし。我々も喋りっぱなし、となります。
この時期にひたすら我々オペレーターを煽り立てるデータが出されます。

応対件数ランキング→電話対応の件数を一週間分合計したもの。多い人が偉いということになります。

通話時間ランキング→お客様に対応した時間。1件あたりのお電話が何分で終話して切れているのか、毎日その平均をとって、一覧表が翌日朝メールで周知されますが、更に、1週間分で平均をとったものが、ランキングとして貼り出されます。短い人が偉いということになります。

後処理入力時間ランキング→終話してから次の受電の準備が整うまでに何分(何秒)かかっているか、毎日その平均をとって、一覧表が翌日メールで周知されますが、更に、1週間分で平均をとったものが、ランキングとして貼り出されます。短い人が偉いということになります。

応対能力ランキング→上記のデータから総合して、1日あたり何件の対応ができる能力を有しているのか、を数値化したもの。数値の高い人が偉いということになります。1回のお電話で複数の案件を対応して処理できた場合などは突然この応対能力は上がります。

休憩時間ランキング→これはトイレや指定された休憩時間など有給の休憩時間について、1日あたり合計で何分休憩時間をとったのかを一覧表にしたもの。更に、1週間分の合計休憩時間がランキングとして貼り出されます。短い人が偉いということになります。
不思議なことに、通常は8時間勤務の場合、無給の休憩時間が1時間、それ以外の有給の休憩時間は15分と決まっているので、決められたとおり休憩すれば、有給の休憩時間は1日15分、1週間5日勤務で1.5時間にはなるはずなのに、1週間で0.75時間なんて方々が、ランキング上位に並んでいます。

上記ランキングをマジメに受け止めると、とんでもなくドキドキしながら毎日焦って勤務することになります。
当然ですが、ランキングを気にしすぎて時間に追われたような気持ちで勤務していると、
お客様への応対が早口になったり不親切になったり、と印象がよくありません。
実際、必要な案内をしていなかったり一方的にこちらから喋りまくって充分お客様の話を聞けなかったりしている場合もありますので要注意です。

自分自身で要注意、なのです。
こんなにオペレーターたちを煽りに煽って、品質が低下していることは、明らかです。
社員さんにもよく考えていただきたいところです。

ではまた。